« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年10月

2012年10月28日 (日)

今日は初めてボランティア的な活動に参加してきました。

Img_0217_2

活動の内容は、海岸近くの防風林に不法投棄されたゴミを回収するというもの。
正直目当ては、その後のみかん狩りでしたが、(^^;)
実際にゴミ拾いをしてみると、何とも言えない哀しさ気持ちになりました。

ゴミを捨てるのは一瞬ですが、拾うのはその数倍の労力がかかるということを
身に染みて体験しました。
しかも、捨てられた物が時間が経過すると、草木や土でどんどん
地中に埋もれていってしまうという事実も目の当たりにしました。

本当に人間ってしょうもない生き物だなと感じます。
こんなことをする低俗で自分勝手な人間がいることで、
僕らの母なる地球を汚している。
これからの僕らの子孫たちに受け継いでいかなくてはいけない
この地球をどう思っているのでしょうか?
何とも思っていないのでしょう。
こんな輩がいることが、同じ人間として悔しい。

猿に生まれた方がよかったんじゃないか、
と思うような人間がゴロゴロいる。

ついついそういう短絡的な考えを持ち出してしまう僕も
大した人間ではないが、考えようとはしている。

やはり人間である以上、考える歩みを止めてはいけないし、
現状をよりよくしていこうとしていかなければ、
この国も、この地球も、僕らの子孫いや、僕らのこれからも
どんどん悪い方向へ流れていってしまう。

福沢諭吉も学問のすすめで書いているように、
考えるだけではダメで、実行することが大事。
僕も今回このようなイベントに参加する事で、
勉強できたことに感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

週末の夜

Photo_2

週末の夜は、ワインがあれば言う事なしです。

日本は本当に平和。
最近は平和ボケしてるとか言う人もいますが、
日本人に生んでくれた親に感謝!!

中国、韓国と領土問題があるけど、
こんなに大人の対応ができるのは日本だからだと思う。
日本人は、経済のいい時も悪い時も知ってるし唯一の被爆国でもある。
豊かな自然にも恵まれている。(一応)民主主義国家だし。
こういう話をし出すとまた止まらなくなるのでこの辺で…

今日は都田建設に行ってきました。
まだまだ家を建てるつもりはないのですが、
先日完成宅を見学させてもらった時に、
今日のイベント(珈琲を飲みながら、完成宅の写真を見る)に
誘ってもらったので行ってきました。

それが終わって、都田建設が運営しているインテリアショップで
いつものように、オーガニックワインを買おうとスタッフの人と
話をしていたら、社長の蓬台さんが偶然ショップに来ました。

以前にも会った事はあったのですが、やっぱり社長のオーラを感じ、
話をしている間、緊張しっぱなしでした。笑
ブログをよく拝見させてもらってますと言ったところ、

何と、、、

社長著作の「おもてなし経営」の本に、
直筆のサインをして、プレゼントしてくれました;;

既にその本は家にありましたが、
本当に嬉しくて、書かずにはいれませんでした。
社長の気さくさと気遣い、誠実さ、、、
短い時間でしたが、話をしながらいろいろ感じ取るものがありました。
今日は本当に貴重な1日になりました。

社長のブログ、是非1度見てみてください。
大変励みになります!

「千の感動が千年の伝説となる会社」社長のパッション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

最近の事

iPhone5ゲットしました!!
って、ゲットしてからだいぶ時間が経ちましたが…

本当にあっという間に、日々、時間が過ぎて行きます。
平日は、仕事行って帰って来たら、ご飯食べて、
風呂は入って寝る。
この繰り返し。

時間がないと言ったら言い訳になるのでしょうが、
睡眠時間を削りたくない。
睡眠不足は次の日のパフォーマンスを落とすし、
眠い姿を周囲に見せるのは失礼、無礼と思っている。

そんな毎日の中で、
仕事が終わらないのを、量のせいにして、
仕事が進まないのを、人のせいにして、
モチベーションが上がらないのを、仕事内容のせいにして、
モチベーションを上げてくださいと上司に懇願している…

知らず知らずにこんな負のスパイラルに陥っていて、

自分が何なのか?
何のために生きているのか?
人類は何で生まれたのか?何のために生まれたのか?

ということを、改めて考えていました。

結局は、与えられた命を大切に、
日々一生懸命に生きて行くしかない。

そうはわかっていても、やはり先日女性のジャーナリストの方が
亡くなったというニュースを聞いたときはショックだった。

戦争の中の最前線を取材して、世の中の人に情報を発信しようと
頑張っている中での事故。
また、そういう活動をしている方の情報に対して無頓着に生きていたこと。

生きる意味や仕事の意味を改めて考え直す機会をいただきました。

自分は人のために生きれているのだろうか?
仕事を通して、社会に奉仕(人を幸せに)できているのだろうか?

人生の時間のほとんどは仕事をする時間。
日々なあなあにならないように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »