« オペラ座の怪人 | トップページ | WBC日本敗北・・・ »

2006年3月13日 (月)

日本 3対4 米国!日本敗北!!

負けた・・・・・。

見ている方も何だか後味の悪いゲームだった。。。

試合はイチローの初回先頭打者ホームランで幕開け。

2回にも川崎の2点タイムリーなどで加点し、

日本は最高のスタートを切った。

しかし2回の裏に上原がソロホームランを浴び3対1。

6回には清水が2ランを浴び3対3のゲームは振り出しに戻った。

7回はツーアウト1、2塁でバッターはイチロー。

イチローなら何とか!という気持ちで見ていたが

セカンドゴロでチェンジ。

・・・そして誰もが忘れない8回。

岩村のちょい浅めのレフトフライで3塁ランナー西岡がタッチアップ。

西岡が日本の4点目のホームを踏みベンチはもちろん、

球場に駆けつけた日本人、そしてテレビを見ていた私達も

歓声を挙げ喜んだ。

が、喜んでいたのも束の間。

ジャッジは覆された。

西岡がホームを踏んだ後アメリカの選手が

西岡の離塁が早い

と抗議をして塁審がセーフの判定をしているのは画面上でも見えた。

しかし、、、、、

アメリカの監督が球審に抗議。

一瞬にして判定はアウトに。

何故だ!?

テレビ画面にリプレイが映る。

誰が見たって西岡のスタートに問題はない。

普通に考えておかしいだろう。

塁審の方がベースに近い位置で足が離れるのを見ているわけだから、

球審が遠くから見ているより遥かに正確である。

それが何故!?

見ている側が納得いかないんだから、

実際フィールド上でプレーしている選手は納得いくはずがない。

その裏、前の回から続投した薮田が3人でピシャリと抑えたことは

本当に素晴らしいと思う。

結果はサヨナラ負け

アレだけの舞台の大きさならあの8回の1点で何かが変わっていたはずである。

実際9回に登板した藤川も1点リードで投げるのと、

1点取られたら終わりという状況では

精神状態が全く違うと思う。

人間だからミスをしてしまうことはあるかもしれない。

しかし、もう1度VTRで検証したわけでもないのに、

ジャッジが覆るということはあっていいのだろうか!?

野球の審判のあり方というものを考えさせられたゲームになったのではないか。

あれでは選手の必死のプレーも水の泡である。

  

☆★今日の一言★☆

私もあの審判には納得いかずこんな記事に。

しかしチローはいつもチャンスで回ってきている気がする。

川崎の働きが素晴らしいからだね。

恐怖の9番打者だね。

これからもイチロー西岡川崎からは目が離せない。

日本はこれ以上負けられない。

頑張れー日本!!

|

« オペラ座の怪人 | トップページ | WBC日本敗北・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141279/9076521

この記事へのトラックバック一覧です: 日本 3対4 米国!日本敗北!!:

« オペラ座の怪人 | トップページ | WBC日本敗北・・・ »